医薬品

ノコギリヤシの一日の摂取量

ノコギリヤシは体内の男性ホルモンに働きかけて、男性ホルモンによる影響をしっかりと防止してくれるというサポート役なのです。
しかし、そんな頼りになるサポート役も、摂りすぎると逆効果で、体に悪い影響を与えてしまう結果を生んでしまうのです。
http://www.webstercity-iowa.com/seibunn.htmlにも書いてあるように、そのような状態を防ぐためには、ノコギリヤシの成分の摂取の量をきちんと把握して、適切な量を取る事が重要なのです。

ノコギリヤシの一日の理想的な摂取量は約200から320mgとされており、この範囲でノコギリヤシを摂取すると体には影響ないとされています。
詳しくはノコギリヤシの摂取方法と摂取量もご覧ください。
ノコギリヤシはその名前の通り、ノコギリの経常であるヤシの種類なので、自分で量をはかって摂取するという行動は難しいのです。
そこで、サプリメントで摂るという対応が一般的なのですが、サプリメントになると余計に量の把握が難しいと考える人が多いと思います。

サプリメントはほとんどが約200から320mgで抑えてあり、錠剤で作成してあるものが多く、そのまま飲むだけで一日に必要な量を満たす事が出来るのです。
中には量の把握や調整がしやすいように一錠でこのくらいのノコギリヤシの成分が含まれていると表示してあるものもあります。
http://www.ufm.jp/nokogiriyasiwosextusyu.htmlにも書いてるように、ノコギリヤシはサプリメント状のものが多く、量を測りながら対応するという特別な対応は必要ないのです。


このページの先頭へ